濃い味ハンター濃い味ハンター

おっす!濃い味ハンターだ。

今回はたけしの家庭の医学でも紹介されているBATという細胞についてだな。

これは内臓脂肪を燃焼させる働きをする細胞として注目されている。

このBATを活性化させる事が出来れば理想の体型にちょっぴりだけ近づけるのだろうか?

内臓脂肪を燃焼させる細胞BATとは?たけしの家庭の医学にも出てたぞ!

内臓脂肪を燃焼させる細胞BATとは?

まず、BATについて今分かっている事をまとめていきたいと思う。

BATとはBrown Adipose Tissueの頭文字を取ったもので、日本語に訳せば「褐色脂肪組織」となる。

BATは脂肪を燃やして体温を維持する細胞だ。

赤ちゃんが何もしていなくても体温が暖かいのはこのBATのおかげなんだな。

 

ちょっと前まで赤ちゃんにしかないと思われていたが、実は成人にもちゃんとあることが発見されたんだ。

普通の細胞も脂肪を燃焼するが、その際に活性酸素というものが出てきてしまう。

これは善玉と悪玉に分けられるのだが、ざっくりというと身体を老化させ、ガンなどの病気の元にもなってしまうのだ。

 

しかもBATは脂肪を燃焼しても活性酸素が出ないんだ。

また脂肪を燃焼して肥満防止にする以外にも糖の代謝改善にも貢献するなど「脂肪燃焼」というか「健康を保つ」という広い意味でも注目されているのがこのBATなのだ。

 

ただし、このBAT細胞は成人にもあるとは言ったが、赤ちゃんに比べればかなりの数が失われている。

そこで、成人がこのBATの恩恵を十分に受ける為には残っているBATをしっかりと活性化させる事が重要なんだ。(その方法については次の章で話す。)

 

BATはまだまだ知名度がそんなに高いものではないが、たけしの家庭の医学で紹介される事で色々な人に広まるのは良いことだな。

内臓脂肪を燃焼させる細胞BATを活性化させる方法とは?

内臓脂肪を燃焼させる夢の細胞BATを活性化させる方法は結構簡単だ。

辛さや寒さで刺激を与える事でBATが活性化する事が分かっているんだ。

BATを活性化させる方法1・寒さ

まず、寒さについてだが、寒さでBATを活性化させる場合は薄着で過ごす事だ。

極端に身体を冷やしたりするのは良くない。

17%前後の室温の状態で薄着でいるようにする。

これだけらしい。

即効性がある訳じゃないが、習慣にすると変わってくるだろう。

ただ、個人的にはこれはオススメしない。

寒い思いをしてまで内臓脂肪を燃焼させるよりは、ちゃんと着て保温して、動く時に動いて痩せる方が健康的だと思うからだ。

BATを活性化させる方法2・辛いもの

俺がオススメするのは辛いものを食べる事だな。

唐辛子などに含まれるカプサイシンやカプシノイドはBATを活性化させる事が分かってる。

別に薄着で我慢する必要もないし、辛いものを食べて脂肪が減るんだったらお得じゃ無いか?

俺は自分がやるんだったら、辛いものを食ってBATを活性化させるな。

でも、多分、運動もすると思うな。

何にせよ、食うだけで痩せるとか、そういうのはあるかも知れないが、それプラス努力する事が大事だと思ってるからな。

薄味ハンター薄味ハンター

唐辛子を食べると痩せるんだ…!

??????

いや、それだけじゃ無くてちゃんと運動もして努力しないとダメだぞ。

これだからミーハーな女は…

濃い味ハンター濃い味ハンター

言ってることは正しいがお前が言うと説得力無いな。

濃い味まとめ。

たけしの家庭の医学で紹介されるBATとは一体なんなのか?

番組を見れなかった人でも概略はつかめるようにまとめておいたぞ。

健康的に脂肪を燃焼させるBATだが、大人の場合は数が減ってしまっているから残ったBATを活性化させる事が重要なんだな。

俺は寒いのは嫌いだから、辛いものを食べてBATを活性化させていきたいとは思う。

だが、ちゃんと運動をして脂肪を削ろうとも思っているぞ。