濃い味ハンター濃い味ハンター

おっす。濃い味ハンターだ。

今回はバイトに行きたくない時、辞めたい時にどうすれば良いかについて述べていきたい。

まあ、バイトなんてものは所詮は一時的な腰掛けに過ぎないという考えもあるし、会社によっては正社員雇用への道もあるからピンキリだ。

行きたくなかったり、辞めたいと感じてしまった時は、ちょっとだけ考えて後悔の無いようにしたいよな。

バイトに行きたくない・辞めたいという時にとるべき行動。

バイトに行きたくない!

飲食、新聞勧誘、インストラクター、ビラ配り、事務系、文字入力などなど俺は今まで色々なバイトをしてきた。

その上で言えるのは、バイトに対しては「所詮バイト」と割り切りつつ、ある程度現実的な考えを持つ事が重要だ。

「バイトが・・・バイトが・・・」とバイトに心まで支配されてしまうと「行きたくない」「辞めたい」と思っていても、身体はバイトに向かっていまい心が蝕まれる・・・という事になってしまうからな。

そのマインドを抑えた上で取るべき行動・思考は次の通りだと俺は思っている。


  1. バイトを辞める。
  2. バイトをもっと楽なものに変える。
  3. バイトをもっと楽しいものに変える。
  4. 我慢して続ける。
  5. 自宅で出来る仕事に切り替える。

バイトを辞める。

バイトに行きたくないのであれば、バイトは辞めるべきだな。

辞めたいのなら尚更だ。

 

これはストレートで単純で分かりやすい回答だ。

辞めてしまえば自由だし、行きたくないと悩む事もなくなるからな。

 

濃い味ハンター濃い味ハンター

ぶっちゃけバイトの労働環境が酷くて辞めたいという人が悩んでいる場合は、言い換えると「辞めたいけど気まずくて辞められない」という場合が多い。

これは非常に良くないぞ。

確かにバイトを辞めると伝える時は結構気まずい。

だが「No」が言えない人生はその後ずっと誰かの奴隷で居続けるという事につながる。

乗り越えるんだ。

それしかない。

バイトごとき「辞める」としっかり伝えられない人間はその後正社員になっても大きな問題を抱え続ける事になる。

「ダメだ」「No」と断るスキルや姿勢は凄く重要なのだ。

??????

俺はバイトなんてすぐ辞められるぞ。

慣れたもんさ。

薄味ハンター薄味ハンター

逆にあんたはもう少しバイトを続けるべきよね。

バイトをもっと楽なものに変える。

バイトを辞めるのが前提条件になってしまうが、バイトに「行きたくない」「辞めたい」と思っている人は、バイトをもっと楽なものにしたらいい。

バイトなんて(仕事内容も重要かも知れないが)基本は楽して稼ぎたいもんだ。(仕事をちゃんとするのは当然だぞ。ただ、理不尽は断るべきだがな。)

 

だから「バイトを苦と思わないようなバイト」を探すのは凄くオススメだ。

個人経営のホテルの受付、個人経営の会社の事務など、個人経営系の雇い主は緩いことが多い。

緩いというと聞こえが悪いが要は「理不尽を言わない」場合も多いって事だ。

 

チェーン店系は結構理不尽な事言ってくるからアウトだな。

もちろん、個人経営の店でもヤバイ所はあるから、そこは運と選球眼が大事だな。

 

俺は個人経営のホテルの受付をしていた時代があるが、読書OKだし、座ってられるし、一生の仕事にしても良いくらいだと思ってしまったぞ。

(もちろん、真面目に働いていたがな。)

バイトをもっと楽しいものに変える。

バイトを楽しいものに!

これもバイトを辞めるのが前提条件になってしまうが、バイトに行きたくないと思ってしまう人は「もっと楽しいバイト」を探してみるのもいいな。

 

俺は「楽なバイト」が良いバイトだと思うが、楽しいバイトが良いという人もいるからな。

 

短期でリゾート地で働くバイトなんかは楽しいという人も多いみたいだな。

 

後は自分の好きな事をバイトにする場合だ。

インストラクター系なんかはそうだな。

ヨガ、ピラティス、テニス、等など。

これらはプレッシャーもあるみたいだが・・・

我慢して続ける。

バイトを辞めたいと思っていても、我慢して続けるのも選択肢としてはありだ。

 

まあ、つまらないからと言って何でもすぐに辞めてしまう姿勢は良くない。

それに辛くても、つまらなくてもバイトを続ける事で、ものによっては大きなプラスになる事もある。

 

例えば、そのまま続ければ正社員採用してくれるバイトは結構ある。

大手企業の事務のバイトなんて、結構そういう所は多いぞ。

下手な新卒採用より、事務を分かってる経験者の方が会社にとってはありがたいからな。

 

また、ITとかそういう系のバイトはスキルが身につくとも言える。

そういうのは続けてみても損ばかりじゃないはずだ。

 

所詮はバイトなんだが、得るものがあるのであれば我慢して続けるのも有りだと思うぞ。

さんまハンターさんまハンター

バイトだって一生懸命やればステップアップしていけるって訳じゃな。

自宅で出来る仕事に切り替える。

バイトというと一般的には外に働きに出るイメージが強いが、そういう仕事だけじゃないぞ。

 

今はパソコンを使って自宅でデータ入力や文章作成のバイトもある。

俺もかなり前にデータ入力の仕事はやっていたな。

割に合わないから辞めたが、自宅で気軽に出来るってのは大きいぞ。

 

ちなみにこのブログも事務スタッフを募集しているから、興味がある人はお問い合わせフォームから問い合わせてくれよな。

濃い味まとめ。

バイトに行きたくない、辞めたいと思った時にとるべき思考と行動について色々述べてきたがどうだったろうか?

まあ、所詮はバイトだが、一生懸命やれば得るものがある場合もある。

そうじゃない場合は乗り換えるのが良いだろう。

見極めが大事だし、「辞めます」と言い出すのはどんな職場でも多少の気まずさはあるが、それは乗り越えるしかないな。

乗り越えた先に別の楽しいバイトや人生があるなら、一瞬の気まずさなんて苦でもなんでもないはずだ。