濃い味ハンター濃い味ハンター

おっす!濃い味ハンターだ。

今回は最近話題の大塚家具についてだな。

かなり経営状況がヤバイみたいで倒産の可能性もあるんじゃないか?と思うくらいだ。

身売りを検討しているようだが、上手く行くのだろうか?

また、倒産するにせよ、身売りするにせよ大塚久美子社長がどうなるのかは注目される所だな。

大塚家具、倒産の可能性はあるか?

大塚家具倒産の可能性は?

最近の大塚家具のニュースは残念ながら明るいものではないな。

経営不振、いや経営危機に陥り支援企業を見つけようとしているが上手くいかない。

社員の士気も下がり、大塚久美子社長も「もう、潰れるか、買収されるしかないのよ……」(週刊新潮より)と言って号泣したというくらい追い詰められているらしい。

社長がこう言ってるくらいなんだから、大塚家具は倒産の可能性だって全然あるよな。

 

大塚家具は業界トップ企業ではなかったとは言え、割と堅実な路線を歩んできたイメージがある。

どうしてこうなってしまったのか。

 

元々大塚家具といえば「一見さんお断り」みたいな感じで会員制で少数の客に高級家具を販売するビジネスモデルで差別化を図ってきた会社だ。

??????

会員制の高級家具屋って感じは選民的で、なんか高飛車だったよな。

濃い味ハンター濃い味ハンター

それがいいんだよ。

お前みたいなクレーマーが来にくくなるし、他の会社との差別化も上手く出来ていたんだ。

そのスタイルに疑問を投げかけたのが、前社長大塚勝久氏の娘である、大塚久美子社長だな。

 

当時は2010年くらいでリーマンショックの影響を日本ももろに受けていた時代の話だ。

少数の客に高い家具を売るのではなく、もっと敷居を下げて気楽に入れるカジュアルな店にしようとした訳だ。

当初は大塚久美子社長のカジュアル戦略も好調であり、賞賛を得たものだ。

 

ただ、アベノミクスによって金持ちが増える一方、庶民の給料はあまり上がらないという二極化が進む中で、大塚家具のカジュアル戦略は中途半端なものなってしまった。

 

その後、大塚家具の親子騒動などもあり、大塚久美子社長が勝利し、経営権を獲得した。

そして、今、大塚家具は3期連続の赤字とガンガン目減りしていく現金、離れていく顧客、怒る株主という負の遺産を抱え、もうどうにもならなくなってきているんだ。

 

ぶっちゃけ、今の大塚家具はなりふり構っていられない状態だと言うのが凄く伝わってくる。

久美子社長の下で店舗売上高が12カ月連続で前年同月を下回るなど、事業は日に日に厳しさを増している。

 同社は、資本や業務面での支援企業を水面下で探ってきた。現在、候補として取り沙汰されるのは、昨年11月に資本業務提携した貸会議室大手ティーケーピー(TKP)と、ヨドバシカメラの2社。ただ、ヨドバシカメラは8日までに支援見送りを表明しており、TKPを軸に交渉が進むとみられる。

 だが、支援条件をめぐり久美子社長との溝は大きいもよう。TKPが増資を引き受け、経営権を取得しても「本業で稼げない状況には変わりない」(関係者)と、抜本的な再建にはつながらないとの見方もある。

出典元:大塚家具、再建迷走=ヨドバシカメラは支援見送り

??????

要は大塚家具は経営危機で、支援してくれる会社を探しているが、見つからない。

候補としてはヨドバシカメラとTKPだったが、ヨドバシカメラはもう支援しないと言っている。

TKPもぶっちゃけ支援するかは分からないし、支援されたところで、大塚家具の本業が赤字であるという状況は変らない。

ってことか?

濃い味ハンター濃い味ハンター

まあ、そうだな。

つまりヤバイ・・・と。

大塚家具は無借金経営をしているから、強みはあるみたいな感じで大塚久美子社長は言ってはいるが、外部からの支援を受けないとヤバイ状態になっている事実は変らないし、このまま赤字が続けば普通に倒産の可能性があるのは誰でもわかりそうなもんだな。

 

大塚家具はセールをしても、前年より売り上げが下がっている状態のようだから、かなりヤバイな。

大塚家具の倒産というニュースがTVで放送される可能性も現実味を帯びてきたわけだ・・・

今後、大塚久美子社長はどうなる?

今後の大塚久美子社長の処遇がどうなるのか気になるところだ。

 

これについては不透明な部分も多いが、大塚家具が倒産するにせよ、どこかの会社に支援して貰うにせよ、社長退陣を求められるのではないだろうか?

責任者ってのは責任を取るためにいる訳であって、大塚家具をここまでの状況にしてしまったのは大塚久美子社長の経営責任だろう。

株主なんか株価が何分の一にまで激下がりしているんだから、はらわた煮えくりかえってるだろうしな。

 

ちなみに、大塚久美子社長が個人としての弁済を求められる事はないだろう。

結果としては大塚家具に莫大な損害を与えてしまっているが、経営者が個人として責任を求められるのは故意・重過失がある場合だ。

大塚久美子社長に過失はあるだろうが、故意・重過失まではないだろうからな。

 

なお、大塚久美子社長は大塚家具の株を大量に保有しているとは思われるが株価が大幅に下がっている事を受けて個人資産は激減しているはずだ。

濃い味まとめ。

大塚家具の倒産の可能性や今後の大塚久美子社長がどうなるのか、といった事について色々と述べてきた。

大塚家具は親子騒動の直後は、大塚久美子社長がかわいい容姿で注目される等イケイケな感じもあったが、たった3年でここまで凋落してきたな・・・

盛者必衰は世の常というが、それを見事に体現している感がある。

大塚家具が今後倒産するかどうかは分からないが、はっきり言って可能性論で言えば全然可能性はあるだろうな。