男性芸能人

ジャニハラとは何か?意味を解説!何でもハラスメントにするのがうざいとの声も。




ジャニハラという言葉が世間を騒がせています。

ジャニハラってひどいよね…

ああ!これがジャニハラってやつか!

と、色々な会話が飛び交う中、ジャニハラとはどんな意味なのかを知らないで頷いているだけの人もいるでしょう。

そんな人の為にジャニハラの定義について述べていきたいと思います。



ジャニハラとはどんな意味?

ジャニハラとは?

ジャニハラとは「好きなジャニーズグループが解散して落ち込んでいるジャニーズファンの方に、そのグループ関係の質問をして余計に悲しませてしまう事」です。

具体的には↓

薄味ハンター
薄味ハンター
ううう…

〇〇が解散しちゃった~…

???
???
大丈夫?それにしても〇〇の件、酷かったよね。

薄味ハンター
薄味ハンター
そっとしておいて!ジャニハラよ!

こんな場面の事を言います。

あくまで一例ですが。

(なお、ジャニーズのタレントが記者会見などで根掘り葉掘り聞かれるのはここで言う「ジャニハラ」の意味ではありませんので注意。

 

確かにジャニーズを心から愛しているファンにとっては、好きなグループが解散発表をした次の日に、職場や学校で普段はジャニーズに見向きもしない層から、気を遣っているような感じで、解散ネタで質問されたりするのは嫌でしょうね。

ほっといてくれ!と思うのも無理はありません。

“ジャニーズものまね”で知られるジャガーズのジャガーともひろは、28日に更新したブログで「ジャニーズ好きな方に面白半分でいろいろ聞くのやめてね」「それジャニハラですよ!」と、興味本位でファンに対して質問することを“ジャニハラ”と表現し、警鐘を鳴らした。そして、この“ジャニハラ”について「あきらかに骨折してる所を触りながら『ここ折れてるんですね!』って言ってるようなもんよ。オーバーな例えだろうけど」と表現している。

出展元:「ジャニハラきつい」ネットに溢れる、嵐ファンの切なる声とは?

これはごくごく最近「ジャニハラ」という名前を得た言葉ですが、こういうのって昔からありますよね。

そっとしておけば良いのに空気を読まずに突っつくみたいな人、いつの時代もいるものです。

濃い味ハンター
濃い味ハンター
俺はジャニーズはそんなに好きじゃない。

普通だから特にジャニハラはしないかな?

さんまハンター
さんまハンター
職場の女の子と話すチャンスじゃ!






ジャニハラの出現を受けて「何でもハラスメントにするのはうざい」の声も。

ただ、ジャニハラという言葉を受けて「何でもかんでもハラスメントにしてしまうのはうざい」「おかしい」という声が上がっているのは確か。

セクハラ、アルハラ、パワハラ、スモハラ、スメハラ、そしてジャニハラ。

確かに近年の流れはなんでもハラスメント化してしまって、被害者が被害を訴えれば無条件で認めようとする風潮もあり、違和感を感じる場面もあります。

アルハラやスモハラというのはお酒を強要したり、近くて煙草を吸わなければいいのでしょうが、セクハラやパワハラは「されたが側がハラスメントを受けたと思えば」セクハラ、パワハラになってしまう倫理があり、一部では乱用されている権利です。

 

そして、今回のジャニハラ

何でも間でもハラスメント化してしまう社会の風潮が嫌だと思う気持ちもよく分かりますね。

まあ、ジャニハラについて言えば、「被害者」はジャニーズの熱心なファンに限定されるでしょうから、あまり関わる機会もないのでしょうが…



濃い味まとめ。

ジャニハラという新しい言葉の意味について説明してきました。

なんでもハラスメント化するのが流行っている社会ですから、ある意味では世相を表した言葉なのかも知れませんね。

 

ジャニーズのファンの方にとっては好きなグループって命をかける存在ですからね。

気持ちは分かる一方で、ちょっと過剰反応し過ぎかな?っていうのも思わなくはないですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。