政治問題

【辻元清美に外国人献金】韓国籍弁護士の名前や画像、経緯について【林範夫】




立憲民主党の辻元清美議員が2013年と2014年に韓国籍の男性弁護士から外国人献金を受けていた事が分かりました。

外国人献金は違法であり、政治資金規正法で禁止されています。

辻元清美議員の管理の甘さが原因の一端である事は明白であり、国会議員としての責任と進退が問われるものです。

特に「韓国籍の弁護士」から外国人献金を受けていたというのは、外交上のタイミング的にも国民の心象も非常に悪い…

ここでは辻元清美議員が韓国籍弁護士から外国人献金を受けていた経緯と、当該の韓国籍弁護士の名前や画像についてスポットを当てて述べていきたいと思います。



辻元清美に外国人献金した韓国籍弁護士の名前や画像、経緯について【林範夫】

【経緯説明】辻元清美に韓国籍弁護士が外国人献金をしていた。

辻元清美議員が2013年、2014年に韓国籍の弁護士から外国人献金を受けていた事が分かりました。

まずは報道をチェックしてみましょう。

立憲民主党の辻元清美国対委員長の政治団体が、2013年度から少なくとも2年間、韓国籍の男性弁護士から「外国人献金」を受けていたことが、夕刊フジの独自取材で分かった。政治資金規正法に抵触する行為であり、過去には複数の閣僚が辞任に追い込まれている。立憲民主党は最近、国会の代表質問や衆院予算委員会で、韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射問題などを取り上げない「韓国スルー」が注目されたばかり。辻元事務所は5日、夕刊フジの取材に「外国人献金」の事実を認めた。

出展元:立民・辻元清美氏、韓国籍弁護士から「外国人献金」 夕刊フジ質問に“受け取り認める”回答 政治資金規正法に抵触する行為 

報道を見ただけではいまいち「ピン!」とこない人の為に簡単に補足説明したいと思います。

まず「政治献金」というのは、「企業や個人が政治家や政党に対してお金を提供する事」です。

政治献金は政治家と企業や個人の癒着を産みやすい行為です。

濃い味ハンター
濃い味ハンター
というか癒着しない訳がないよな。

1994年に政治資金規正法が改正され、政治家個人に対しての政治献金は禁止されました。

ですが、依然として「政治家が設立した政治資金団体」には政治献金は許されています。

薄味ハンター
薄味ハンター
じゃあ意味ないじゃん。

「政治家が設立した政治資金団体」には政治献金は許されているのですが、外国人は政治献金をしてはいけないという事になっています。(外国人による政治献金=外国人献金

日本の政治家が外国人と癒着してしまったら大変な事になりますからね。

日本の政治家は日本の国益を第一に考えて行動すべきであり、それを脅かすのが外国人献金という訳です。

 

そして、今回辻元清美さんは2013年と2014年に韓国籍の男性弁護士から外国人献金を受けていた事が判明したのです。

大阪市の弁護士事務所の住所で、1万2000円を個人献金した男性弁護士A氏の部分に、なぜか二重線と押印があり「訂正」されていたのだ。15年3月の「訂正願」を見ると、「個人の寄付の取消訂正」「個人の寄付の内訳の訂正追加」などと記されていたが、理由は不明だった。

 13年分の収支報告書も確認したところ、A氏が1万円を寄付した記述があったが、こちらは、なぜか「訂正」されていなかった。

(中略)

このA氏について調べると、大阪弁護士会所属だった。所属事務所のHPを見ると、所属団体として「在日コリアン弁護士協会」「世界韓人弁護士協会」「NPO法人コリア人権生活協会」などと記されていた。

 A氏は4日、夕刊フジの取材に、自らが韓国籍(在日3世)と認めたうえで、「辻元氏と名刺交換して、応援しようと献金した。政治資金規正法に抵触するとの認識はなかった」と説明した。

出展元:立民・辻元清美氏、韓国籍弁護士から「外国人献金」 夕刊フジ質問に“受け取り認める”回答 政治資金規正法に抵触する行為

元々、辻元清美さんは韓国や北朝鮮よりの発言や行動が目立つ政治家として問題視されてきました。

最近では「慰安婦財団の一方的な解散」や「国際法を無視した徴用工判決」「韓国軍による自衛隊機へのレーダー照射問題」など韓国の無法ぶりは度を超えており、国民の怒りも頂点に達しかけています。

このタイミングで辻元清美さんが韓国籍の男性弁護士から外国人献金を受けていたという事が判明したのは、それが「2013年と2014年」の事であっても納得がいきませんね。

一番の問題はこの韓国籍の男性弁護士には「返金されていない」という事です。

間違って受け取った外国人献金ならば、この韓国籍の男性弁護士に返金するべきだと思うのですが…






辻元清美に外国人献金した韓国籍弁護士の名前は林範夫?

辻元清美さんに外国人献金をした韓国人弁護士の名前ですが林範夫(イム・ボンブ)という人物であると特定されています。

辻元清美が外国人献金を受けていた。↑12000円の献金を訂正しているというのは報道と一致します。
辻元清美が外国人献金を受けていた。林範夫氏は弁護士のようです。

 

この林範夫氏は自らが韓国人であるという事を認め、「法に抵触する」という認識が無かったと述べたとの事です。

ただ、弁護士が政治資金規正法の事を知らないというのは中々厳しいものがあると思いますが…

取材に対して正面から答えている姿勢は良いと思いますが…

???
???
林範夫弁護士が辻元清美に政治献金したのは、自分たち韓国人に都合の良い政策をしてほしいと思ったから、だろ。

おかしいだろ。

濃い味ハンター
濃い味ハンター
だから外国人献金は禁止なんだよ。



辻元清美に外国人献金した韓国籍弁護士・林範夫の画像は?

辻元清美さんに外国人献金してしまった韓国人弁護士である林範夫氏の画像です↓

林範夫の顔画像

韓国人全てが反日な訳ではないですし、中には素晴らしい方もいます。

林範夫氏はどちらの方なのでしょうか?

日本で法曹資格を持ち、弁護士としての活動を行っている事から常識人だとは思いますが…

また、どの政治家を応援するかはその人の信条があるので、筆者が何か言う事ではありません。

ただ、反日政治家の辻元清美さんを応援するのは、個人的には受け入れがたい部分がありますね。

濃い味まとめ。

辻元清美さんに外国人献金していた韓国籍弁護士の名前や画像、経緯について、という事で現状分かっている内容をまとめてきました。

辻元清美さんに外国人献金をしてしまったのが韓国人「弁護士」だというのが、凄いというか、予想通りですね。

当該の韓国籍の男性弁護士である林範夫氏にお金が戻っていないのが一番の問題かなと思います。

何というか、間違いは誰にでもあるので、まずそれを正すのが第一かと。

今回の外国人献金の件で言うと、辻元清美さんは林範夫氏にまず返金するべき。

その上で国民が納得のいく形での会見・説明を行ったうえで、議員辞職をするのが筋でしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。