ネットゴシップ

石田郁子さんにわいせつな行為をした中学校教師は誰?時効ではないのか?




フォトグラファーの石田郁子さんという方が、当時通っていた中学校の教師に、1993年から約3年間に渡ってわいせつな行為を受けていたそうですが、この中学校の教師は誰なのでしょうか?

また、現在2019年2月なのに、1993年から1996年頃までの事は時効なのではないでしょうか?

このような疑問がわきましたので、「石田郁子さんにわいせつな行為をしたとされる中学校の教師は誰なのか」「もう時効ではないのか」という事についてスポットを当てて述べていきたいと思います。



石田郁子さんにわいせつな行為をした中学校教師は誰?時効ではないのか?

石田郁子さんにわいせつな行為をした中学校教師は誰?

石田郁子さんというフォトグラファーの方が1993年から1996年頃までに、当時通っていた公立中学校の教師にわいせつな行為をされていた件で、訴えを起こしました。

まずは報道を確認してみましょう。

訴えたのは、フォトグラファーの石田郁子さん。訴状などによると、1993年3月の卒業式前日、通っていた中学校の美術担当だった男性教師が、当時中学3年生で15歳だった石田さんを美術展に誘った。その際、キスをするなどわいせつな行為に及んだという。

卒業後もたびたび、石田さんを呼び出し、嫌がって抵抗したにも関わらず、わいせつな行為をした。その後、石田さんが大学1年生になる18歳まで、こうした行為を繰り返した。石田さんは性的被害を受けた後、精神的に混乱し、不安や生きづらさを感じるようになり、2016年2月にフラッシュバック症状が起きてPTSDを発症した。

出展元:「中学教師から性被害を受けてPTSDに」教え子女性が札幌市を提訴、実名で会見

石田郁子さんが通っていた中学校と教師が誰なのかが気になるところですね。

まず、石田郁子さんが通っていた中学校は

  • 札幌市内
  • 公立中学校

であると分かっています。

札幌市の公立中学校は2019年時点で99校あります。

さすがに絞り切れませんね…

石田郁子さんの公式HPやFBを見ても中学校は分かりませんでした。

(ちなみに石田郁子さんの大学は北海道大学のようで、聡明な方なのだと分かります。)

 

石田郁子さんにわいせつな行為をしたとされる教師は美術教師の方のようですが、掲示板等を見ても中々名前は出てきませんでした。

20年以上前のことなので、特定するのはかなり難しいでしょう。

 

ただ、裁判で今後色々な事が明らかになり、石田郁子さんの訴えが認められる事になったら判明していくでしょう。






石田郁子さんにわいせつな行為があったのはもう時効ではないのか?

ネット上の意見では石田郁子さんの今回の訴えはさすがに時効なのではないかという声が多いです。

筆者もそのように思う部分も正直あります。

石田郁子さんの訴えが事実であったとしても、1996年の出来事を2019年になって訴えるのでは、証拠集めも難しいですし、相手の教師の方も困る部分が正直あるでしょう。

 

ただし、今回の件は石田郁子さんが弁護士をつけて民事訴訟を起こしているので時効ではないです。

弁護士が訴訟を起こせるという事は少なくとも、時効ではないという事です。

 

時効の起算点は「権利を行使する事が出来る事を知ってから」5年以内、です。

今回石田郁子さんは2016年にPTSDになり、1993年からされていた事が原因でそうなったのだと認識した訳ですから、時効ではないと主張する事は可能だと思います。

 

ただ、行為があってから20年以上たってからの訴訟は不自然だと思われる部分も正直あり、司法の判断が注目されますね。



濃い味まとめ。

フォトグラファーの石田郁子さんが1993年から1996年までに中学校の教師にわいせつな行為をされていたという件で、当該の中学校の教師が誰なのか?

既に時効ではないのかという観点について簡単ですが述べてきました。

石田郁子さんの訴えが通るのか、教師が行った事は真実なのか。

気になるところですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。