濃い味ハンター濃い味ハンター

おっす!濃い味ハンターだ。

今回は痴漢冤罪についてだな。

注意して欲しいのは「痴漢」についてじゃなくて「痴漢冤罪」についてってところだ。

多くの場合、痴漢冤罪の直接の被害者は男性だ。

まあ、色々なケースがあるとは思うが間違えてくれた女性に損害賠償請求したいと思うのが人情だよな。

ぶっちゃけ示談金目当てのアホも少数ながら存在するだろうしな。

痴漢冤罪って女性に損害賠償請求って出来ないの?

痴漢冤罪は怖い。

痴漢冤罪で人生を狂わされた男性は結構いるはずだ。

まあ、多くの場合満員電車で痴漢は起るから人違いだって沢山あるだろ。

その場でやってないけど認めて罰金で済ませる選択をする人もいるだろうし、やってないものはやってないって言って裁判で戦う人もいるだろうが、どっちも冤罪には変わりない。

ただ、覚えておきたいのは痴漢冤罪で女性に損害賠償請求できたとしても、それは自分の無実が証明されている場合のみだ。

「やってないけど認めた」って場合は「良くも間違えてくれたな」って相手の女性には言えねえよな。

痴漢で女性に損害賠償請求するハードルは高い。

で、もし痴漢冤罪の被害にあったとした場合、それが女によるでっち上げ・嘘だったと分かれば当然損害賠償請求はその女に出来るんだ。

ここまでは当然だよな。

 

で、間違った女性に対して損害賠償請求をするというのは、冤罪被害者とその女の間の民事の争いになる。

裁判になるとしても民事裁判だ。

そうなると痴漢冤罪被害者は一つの事を証明する必要がある。

それは「女性が故意に自分を痴漢にでっち上げた」という事だ。

 

これが証明できれば損害賠償請求は出来るし、認められるだろう。

だが、証明できなければダメだ。

損害賠償請求は出来ない。

 

実際問題、女性の多くは痴漢で誰かを捕まえるとしたら、被害にはあってるだろう。

だから犯人だと思う人を捕まえるんだ。

たまたま犯人に間違えられた男性は気の毒だ。

だが、それだと女性に故意性はない。

だから男性は迷惑を被ってはいるが、損害賠償請求は出来ないということになってしまうんだ。

濃い味ハンター濃い味ハンター

まあ、その女性がわざとだったかなんて、証明するのは難しいよな。

??????

痴漢は女のわがままだぜw

薄味ハンター薄味ハンター

そんな極論は通らないわ。

痴漢被害に遭う女性は多いのよ。

冤罪も大きな問題だけど、被害者が多いんだから被害者の保護も必要だわ。

さんまハンターさんまハンター

女性は本当に犯人かどうかよく確かめる必要はあるな。

そこは被害者であったとしても、辛くても確かめる必要がある。

冤罪加害者にならない為にな。

女性に損害賠償請求出来なくても刑事補償金は貰える。

もし、痴漢冤罪の被害者になってしまって、それが冤罪だと証明された場合、女性の故意性が証明出来ないと損害賠償請求は出来ない。

だが、損害賠償請求が出来なくても不当に拘束されていた期間があれば国から刑事補償金というものが貰えるんだ。

 

刑事補償金とは裁判で無罪になった人に対して国が支払うお金のことだな。

抑留・拘禁の場合、「1日当たり1,000円以上12,500円以下の範囲内で、裁判所が定める額」が支払われるとされている。

ポイントとしては無罪判決を受けた人が貰うお金だから、痴漢に間違えられて1日捕まっていたけど、やっぱり間違えだったって分かって釈放された、みたいな場合は貰えないんだ。

「無罪判決は受けていない」からな。

 

まあ、自分の痴漢呼ばわりされて、恥書かされて、裁判までさせられて1日最大12,500円って安すぎるけどな。

??????

刑事補償金か。

男のプライドを何だと思ってるんだ?安すぎだろ!!

濃い味ハンター濃い味ハンター

お前の収入より多いんじゃね?

それに刑事補償金は痴漢冤罪に限った事じゃない。

刑事事件で冤罪があるのは痴漢だけじゃないから男女平等な金額だ。

薄味ハンター薄味ハンター

後、痴漢冤罪で「冤罪加害者は女性」ってテンプレート的に書くのは止めて欲しいな。

男女の複数のグループで人を痴漢にでっち上げる人達もいるんだから男性も「冤罪加害者」に十分なり得るからね。

さんまハンターさんまハンター

広い意味では冤罪被害にあった男性の奥さんや家族も被害者だから、女性も「冤罪被害者」になり得るわけじゃな。

痴漢冤罪で女性の故意性を裁判所は認めないのか?

ちょっと話が長くなって申し訳ないのだが、女性が明らかにワザと痴漢をでっち上げていたとしても、裁判所はそれを認めないケースが多い。

この動画は痴漢冤罪の中でもかなりレアなケースではあるが、参考に見てみて欲しい。

 

沖田さんという男性が、電車の中で女性に携帯電話は電車の中では止めなさいと注意したら、痴漢にでっち上げられたという事件だ。

これ痴漢というか、触っていないし、マジででっち上げられただけの事件だから、不起訴に終わった。

 

まあ、これはかなり特異なケースではあるが、ここまで女がワザと痴漢をでっち上げているのに、裁判所はそれを認めないんだ。

要は女がでっち上げたって事を認めちゃうと、警察とか検察にも落ち度があったって事になりかね無いからな。

 

まあ、沖田さんの事件は結構昔の事件で、最近は少しは風向きも変わってきたようだ。

女性が明らかにでっち上げていると分かれば、損害賠償請求が認められるという事もあるみたいだな。

驚くべきことに、過去には痴漢による示談金を1年半の間に6回、総額240万円も受け取ったという女性がいたそうです。もちろん、この女性のケースが痴漢冤罪かどうか、ビジネスとしてやっていたかどうかは断定できませんが、実際に痴漢冤罪が裁判で認められ、女性側が男性側に痴漢冤罪でっち上げの慰謝料を支払ったというケースも存在します。

出典元:怖すぎる「痴漢ビジネス」の実態

薄味ハンター薄味ハンター

痴漢冤罪の話になると、女性が悪いって思われるかも知れないけど、ほとんどの女性はでっちあげなんかしないからね。

濃い味ハンター濃い味ハンター

そりゃそうだ。

それに痴漢のほとんどが男性が加害者だというのも事実として受け止めるべきではあるな。

痴漢冤罪って示談金目当てもいるじゃね?

で、痴漢冤罪の場合、全体から見れば少数ではあるが示談金目当ての女も確実にいる。

というか女というか男も協力しているけどな。

痴漢冤罪は従前より大きな問題となっていますが、実はこの痴漢冤罪をビジネスにしている人間が実際にいるようなのです。

そもそも痴漢冤罪ビジネスの手口ですが、基本的には複数の人間で行います。

まずターゲットとなる男性に被害者役の女性が接触し、「この人痴漢です!」などと突然騒ぎ立てます。その後、目撃者役の人間が「私ははっきり見ました。」などと証言し、大事になることを恐れ男性が示談金を支払ってしまう、という流れです。

出典元:怖すぎる「痴漢ビジネス」の実態

金に困ってるような女だったら、手軽に男性を陥れて金が貰えるんだから美味しいビジネスだよな。

そういう行為は痴漢被害に本当に遭っている被害者にも失礼だし、迷惑だ。

また陥れられた男性の精神的苦痛は計り知れないな。

 

女の証言だけで痴漢は逮捕っていうのが、ちょっと問題があるんだな。

もちろん、痴漢なんて証拠は残らないから凄く難しい問題だ。

 

電車内(だけじゃないが)の痴漢はあってはならない事だ。

男性だって今は痴漢行為をされる時代だが、女性が被害者になるケースは男性の場合の何倍も多いだろう。

だからと言って、女性が気に入らない男性を陥れる事が簡単にできてしまう程、痴漢冤罪が発生しやすい現状は明らかにおかしいな。

 

おかしな話だが、男性は自衛するしかないな。

そして、女性は女性専用車両があるんだから、なるべくそっちに乗って欲しいな。

あと、男性専用車両も作った方が良いとは思うがな。

濃い味まとめ。

痴漢冤罪の損害賠償請求とか示談金目当てと言った話題について色々意見を述べてきた。

勘違いしないで欲しいのは、別に男性が悪い、女性が悪いって話はしていないって事だな。

痴漢冤罪は間違えた女性が悪い・・・確かに間違えた女性に責任はあるが、良く状況を確認しないでかっこつけて無実の男性を取り押さえる「正義マン」も悪い。

痴漢冤罪の被害者は男性だけじゃなくて、その母親も奥さんも涙を流すわけだから、やっぱり女性も被害者だからな。

そこは覚えておくべきだろう。