濃い味ハンター濃い味ハンター

おっす!濃い味ハンターだ!

今回は漫画『五佰年BOX』2巻のネタバレ&感想を好き勝手述べていくぞ!

何度も言うが「ごひゃくねんボックス」じゃなくて「いほとせボックス」だからな!

そこは注意しとけや!?

『五佰年BOX』2巻ネタバレ&感想

人物関係整理だ。

『五佰年BOX』は登場人物がそんなに多いわけじゃないが、話が色々な方向に行く。

箱庭をいじっちゃうと、現実世界が変わるからな。(2巻では「現実世界が変わる」んじゃなくて「パラレルワールド」に移動する、って事になりつつあるがな。)

 

だから、混乱しない為にちょっとだけ主要人物を整理しておく。

まず主人公の遠野叶多(かなた)だ。

叶多

出典元:『五佰年BOX』2巻

叶多は1話(1巻)でキサを守ろうとして、箱庭の中の人を殺してしまうんだ。

その結果パラレルワールドに移動していしまった。

元々いた世界は「真奈」っていう幼なじみがいる世界で、移動した世界は「真樹」が「真奈」の代わりにいたんだな。

 

で、これが真樹。

真樹

出典元:『五佰年BOX』2巻

真樹は叶多の幼なじみだ。

といっても、叶多は別の世界からやってきたって事になってるから、叶多は「真樹も幼なじみだ」と思いつつ「真奈の世界に戻りたい」と思っているな。

 

で、これが山崎晴市。

叶多の元々の世界にもいたけど、叶多が移動した後の世界にもいた。

山崎晴市

出典元:『五佰年BOX』2巻

箱庭に興味を持ち、叶多が元の世界に戻れるように(?)協力してくれる。

 

で、箱庭の中で一番重要なのがキサって女の子だな。

村人・平民級の身分みたいだ。

キサ

出典元:『五佰年BOX』2巻

キサはおそらく、俺の勘だが、真樹とか真奈のご先祖様に当たるんじゃないかと思う。

叶多がキサを守った時、そして2巻で真樹がキサの周りの人間を殺した時、どちらも「和泉家」(真奈や真樹の名字だ。)に影響があったからな。

ま、分からんが。

 

で、これがキサにちょっかいを出す槌田貞清だ。

槌田貞清

出典元:『五佰年BOX』2巻

なんか2巻では槌田貞清が真樹や真奈のご先祖みたいな感じに取れる描写もある。

まあ、無関係ではないだろうな。

ちなみに家督争いで色々あるらしく、槌田貞清は叔父の宗近に狙われているぞ。

??????

なんか登場人物については分かったが、難しそうだなw

さんまハンターさんまハンター

『五佰年BOX』はパラレルワールド絡みで話が複雑なんじゃ。

濃い味ハンター濃い味ハンター

面白いし、感情移入してしまう作品だけど難しいよな。

ネタバレ&感想。

『五佰年BOX』2巻は槌田貞清が集団で襲われてるシーンから始まる。

家督争いで叔父の宗近と色々あるようだ。

貞清はそういうのあんまり興味なさそうだがな。

 

貞清はキサの家に逃げ込むが、態度がでかかったからキサの父親にボコされる。

のびる槌田貞清
この漫画の村人は強いみたいだ。武士を農具でのしちまった。

出典元:『五佰年BOX』2巻

箱の外の世界では叶多と真樹がちょっとずつ近づいていくんだな。

叶多は別に真樹の事は知らない。

知らないはずなのに、どんどん記憶が流れ込んで(?)、人間関係が出来て情がわいていくんだ。

本当は叶多は真奈の事が好きだったはずなのにな。

叶多と真樹
叶多と真樹は仲良くなっていく。凄く不思議な感じだ。叶多と真樹は違う世界(?)の人間のはずなのに。

出典元:『五佰年BOX』2巻

そうこうしている内にちょっとずつ謎が解けていく(?)ようだな。

パラレルワールド
山崎晴市の説が正しければ、叶多は箱庭にちょっかいを出して、パラレルワールドに来てしまったということか。

出典元:『五佰年BOX』2巻

なんかパンクな感じの社会学研究会の部長も出てきて、箱庭の中の歴史背景とか言葉とかもちょっとずつ分かってくる。

部長がパンクすぎるわ。
こんな見た目で古文書とか読めるとか草しか生えねえw

出典元:『五佰年BOX』2巻

 

ちょっとずつストーリーが進んで来てどことない安心感を感じていると、真樹が箱庭に手を出しちゃうんだ。

それでパラレルワールドに行ってしまう。

行った先では真樹のお父さんが交通事故で亡くなっていて、真樹は超混乱するんだが、箱庭の事を怪しく思って叶多と山崎晴市にどんどん関わるようになってくる。

真樹、お前のせいだぞ。
お父さんが死んでいる世界に飛ばされて混乱する真樹。自業自得だ。

出典元:『五佰年BOX』2巻

このあたりから、パラレルワールドが沢山関わりすぎて良く分からなくなってくるな。

真樹や叶多も混乱しているが、俺も混乱していて上手く言葉に表せねえ!

こんな感じで『五佰年BOX』2巻は終っていくんだな。

「こんな感じ」って言われても良く分からねえって奴は、漫画読んで見て欲しい。

面白いが説明しずらいのがわかると思うぞ。

 

俺の完全な予測だがやっぱり槌田清貞と真樹(真奈)は密接に絡んでる。

といか清貞が真樹や真奈のご先祖様だ。

また、箱の中の展開を見るとキサも真樹や真奈のご先祖様だな。

 

真樹や叶多が清貞やキサの周りの人間を感情的に殺しちまった時に、真樹や真奈の周りに変化が起きるあたりがその根拠だ。

 

そう考えると、この箱庭(五佰年BOX)って一体なんなのか?

清貞やキサが子孫の為に何かを残そうと思って残したものか?

それとも別の何か?

現状では情報がなさ過ぎて分からんな。

さんまハンターさんまハンター

なんだかこの漫画も色々パラレルワールドとか良く分からんの・・・

薄味ハンター薄味ハンター

でも、何度も読み返すと読み返す度に発見があるわ!

面白い!

濃い味ハンター濃い味ハンター

それよりも真奈がだんだん忘れられているのが、怖いな。

叶多も真奈を少しずつ忘れているが、読者の俺たちもちょっとずつ忘れているんだ。

濃い味まとめ。

『五佰年BOX』2巻のネタバレと感想だったが、正直何言ってるんだか分からない部分もあったと思う。

もしそう思うんだったら、実際にこの漫画を読んで見て欲しい。

疲れている時や酔っている時に読んじゃダメだ。理解出来ないから。

コンディションが良い時にじっくり読むと、ハマるぞ!