男性スポーツ選手

ネイマールが婦女暴行!?現場のホテルや嫁の反応は?被害者は誰?

 




サッカーのブラジル代表のネイマール選手に婦女暴行疑惑が出てきています。(まだ「疑惑」ではありますが…)

ここではネイマール選手の婦女暴行疑惑について、現場とされているホテルがどこなのか?ネイマール選手の嫁の反応(後述しますがいません)、被害者の女性は誰なのかなどについて考察していきたいと思います。



ネイマールが婦女暴行!?

確認ですが、ブラジルのサッカー代表であるネイマール選手に婦女暴行疑惑が出ています。

ネイマールはインスタグラムを通じて知り合った女性をパリの凱旋門近くにある五つ星ホテルに招待。その後、トラブルが起きた模様だ。

 『UOL』は警察の文書を入手。5月15日20時にネイマールが酔ってこのホテルに到着したとのこと。ネイマールは「乱暴になり、被害者の意思に反して性行為に及んだ」と記されている。女性はその後ブラジルに帰国し、警察に訴えることにしたという。

引用元:ネイマール、婦女暴行の疑いで調査。ブラジルメディアが報じる

正直、これだけの情報では分からない事が多すぎます。

ネイマール選手の婦女暴行疑惑が真実なのか、それとも被害者女性が美人局的に被害者を演じているのかすら分かりません。

この真実についてはブラジルの警察の調査を待つこととして、ここでは現在分かっている情報を以下で述べていきたいと思います。







ネイマールが婦女暴行した現場のホテルはどこ?

海外のメディアの報道によるとネイマール選手が婦女暴行を行ったとされるホテルは「Hotel Sofitel Paris Arc Du Triumphe」(ソフィテル パリ アルク ドゥ トリオンフホテル)だとされており、これはパリの5星のホテルです。

パリの中心部に位置しているホテルですね。

内装はこんな感じ↓

ネイマールが婦女暴行疑惑をかけられている現場のホテル

かなりの高級ホテルであり、サービスも素晴らしいみたいです。

個人的にはこんな高級ホテルには泊まれませんが…(汗)

濃い味ハンター
濃い味ハンター
良い部屋だな。







ネイマールの婦女暴行疑惑への嫁の反応は?

今回のネイマール選手の婦女暴行疑惑に対してのネイマール選手の嫁の反応はどんな感じなのかが凄く気になるところですが、ネイマール選手には妻はいません。

つまり結婚していないんです。子供はいますが。

カロウ・ダンタ(Carol Dantas)さんという方がネイマールさんの子供の母親です。(表記ゆれがありますが「カロリーナ・ダンタス」と表記される事もあります)

ネイマールの嫁、じゃなくて子供の母親カロウ・ダンタさん。

カロウ・ダンタさんと破局した後もネイマールさんは他の彼女と付き合っています。

(かなりモテる男ではあるでしょうから、それを考えれば今回の婦女暴行疑惑も「火のない所に煙は立たぬ」と言えるのでしょうか?)

という訳で、今回のネイマールさんの婦女暴行疑惑について、嫁の反応はありません。(嫁が居ないから笑)

ちなみにネイマール選手の父親と弁護士は疑惑について否定し、次のようなコメントを出しています。

Santos said Neymar had consensual sexual relations with the accuser and was blackmailed by her lawyer after they broke up.

引用元:Woman accuses Neymar of rape, father says player set up

ネイマールは訴えた女性と同意の上での関係は持ったが、その後、別れた後、彼女の弁護士に脅迫されたんだ。」とサントス(ネイマールの弁護士)は述べた。(訳:筆者)

そもそも、ネイマールの婦女暴行の被害者は誰? 

このネイマール選手の婦女暴行疑惑の被害者とされる女性ですが、名前や誰なのかは明らかにされていません。

海外のニュースにも記載はありませんでした。

操作中という事と、あくまでも彼女の弁護士が今後は対応するという事で名前は明かさないのでしょうね。

ただネイマール選手とこの女性はインスタグラムでメッセージを交換した後でパリで会ったとの事なので、ネイマール選手と元々親しい関係ではなかった様子。

「一夜限りの仲」ってとこでしょうね。

まとめ。

ネイマール選手の婦女暴行疑惑について現場のホテルがどこなのか。

被害者の女性の名前や、そもそも一体誰なのか。ネイマール選手の嫁反応などについて述べてきました。

まだまだ分からない事が多いですが、これはある意味では世界的なニュースです。

今後の展開が注目されますね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。