社会問題

【1人で死んで論争】についてのタレントの発言やネットの声まとめ。 

 




2019年5月28日、川崎で殺傷事件が起き多くの小学生そして大人が死傷しました。

犯人は自分で首を包丁で切り自死。

この事件の犯人である岩崎隆一について「どうせ死ぬなら事件を起こしてからでなく1人で死んでほしい」という声がある一方で「そのような発言は控えてほしい」とする声もあります。

今回はこの「1人で死んで論争」について各タレントの発言やネットの声などについてまとめていきたいと思います。



【1人で死んで】とは?

【1人で死んで】とは?

一応「1人で死んで」発言が何なのか説明しておきます。

2019年5月28日に川崎で起きた川崎殺傷事件。

犯人は次々と大人と小学生を指し、18人が負傷、2人が死亡しました。

犯人の岩崎隆一は事件を起こした後、自ら首を切り死んでいます。

元々引きこもりで人格的にも問題があった岩崎隆一についてタレントの立川志らくさんが

死にたいなら1人で死んでくれよ!ということですよ。何で子どもの弱い、そういうところに飛び込んでくるんだ!信じられない!

という発言をしています。

これが「1人で死んで論争」の始まりですね。

多くの著名人や一般人(筆者も)はこの「死ぬなら1人で死ね」という発言の内容は理解できるし、同意なのですが、少し違った意見を持つ人もいるのです。

それがNPOほっとプラス代表理事・聖学院大学人間福祉学部客員准教授の藤田孝典さんです。

藤田孝典さんは川崎殺傷事件のような事件の犯人は社会に対しての恨みを募らせている場合が多く、そういった人間が川崎殺傷事件のような事件を起こすくらいなら1人で死ねという発言を聞くと「やはり社会は何もしてくれない」というような思想を持ち、理不尽な理屈で凶行に及ぶかも知れないので「1人で死ね」という趣旨の言説をネットで広めないで欲しいとしています。

簡単にまとめると

「こんな事件を起こすくらいなら1人で死んで欲しい」

「そういう事を言うと新たな事件が起こるかも知れないからネットで拡散しないで欲しい」

「いや、一人で死ねよ」

みたいな事になってるのが「1人で死んで論争」です。







【1人で死んで】についてのタレントの発言まとめ。

ここからは「1人で死んで」論争についてのタレントの発言をまとめていきたいと思います。


落語家・立川志らくさん

「死にたいなら1人で死んでくれよ!ということですよ。何で子どもの弱い、そういうところに飛び込んでくるんだ!信じられない!」


アナウンサー・安藤優子さん

「社会すべてを敵に回して死んでいくわけですよね。だったら、自分1人で自分の命を絶てば済むことじゃないですか」


アナウンサー・宮根誠司さん

「自分一人で自殺したらいいんじゃないか…と思うんですけど。何でこんな幼い子どもを含めて何の罪もない人を巻き込むのか」


教育評論家・尾木直樹さん

「1人で死ね的な発言は、人を絶望に追い込んで、事件を連鎖させる可能性がある」


長嶋一茂さん

「誰でも発言は自由ですが、1人で死ねといのは、もう少し冷静になる必要があるのではないかな。死ねといったら終わりですよ」


コメンテーター・玉川徹さん

「感情論とテレビでしゃべることは一線を引き、コメンテーターは一定の節度をもってやらなければいけない」


坂上忍さん

「言ってなかったとしても腹ん中では絶対思ってたんで、僕はもう自分を被害者の方に身をおいて、遺族の方に寄り添ったら、この言葉は普通に思ってしまうことなんじゃないかな」


ざっとまとめてきましたが、皆さん色々な発言をしていますね。

タレントというのは多くの人の注目が集まる職業ですから、ある程度冷静な発言をしている人が多いですね。

無難というか…なんというか。

ただ、そういう無難な発言をしがちなタレントという職業の人達であっても、ちょっと過激な発言というか(過激が悪いとは思いませんが)、はっきりとした発言というのでしょうか?犯人に対して強い言い方をしている人が多く、その点は何か安心しました。

個人的には川崎殺傷事件の犯人は「1人で死ねば」いいと思ってますし、これからも筆者がこの意見を変える事は無いです。

タレントさんたちの意見があまりにも犯人よりだったり、「冷静に考えましょう」みたいな内容だったらつまらないというか、もうTVは見なくなると思います。

個人的には「あんな事件起こすくらいなら一人で死ね」という意見には間違いはないと思ってます。







【1人で死んで】についてのネットの声まとめ。 

「1人で死んで論争」ですがネットの一般人ユーザーの声をまとめてみたいと思います。

皆さん色々な意見を言っていますが、やはり一番多いのは「1人で死んで欲しい」というもの。

この言葉の前には前置きがあり「あんな事件を起こすくらいなら」1人で死んで欲しいという事です。

ですので、弱者を一方的に痛めつけて、強者が遠くで何の手も差し伸べないでいるような言葉ではないですし、極めて正当性の高い意見です。「1人で死んで」は。

ただ、筆者も含めてなのですが、凶悪な事件や理不尽に対して、ネットでは顔が見えない分、必要以上に攻撃的な発言をしてしまうというのはよくある事です。

 

言い換えるなら、自分の親友が引きこもりで、何かの事件を起こそうとしてたら、事前に面と向かって同じ事を言えるか。

「1人で死んで」と言えるか。

まあ、筆者は「1人で死んで」と言いそうですが、言い方は多少マイルドにすると思いますし、ネットでは「一人で死んで」と言っている人も面と向かってだと中々言いにくくはなるという人は多いかと。

 

そういう意味で、怒りの議論が過度に加熱しすぎないように注意する必要はあるとは思います。

終わりに。(筆者の意見)

「1人で死んで論争」について各タレントの発言やネットの声をまとめてきました。

筆者の意見は「あんな事件を起こすくらいなら、1人で死ね。バカ。でも、まあやり直す気があるなら、やり直せるかも知れないから頑張れ」みたいな感じでしょうか。

犯罪を起こさなければ、引きこもりは一般市民だし、パワハラ・セクハラみたいにもっと悪い事をしている引きこもりじゃない社会人だって沢山いるわけですから。

引きこもり=犯罪者っていうのは偏見だし、その意味では「1人で死んで論争」が過熱しすぎないように…とは思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。