濃い味ハンター濃い味ハンター

おっす!濃い味ハンターだ。

ここでは漫画『バカレイドッグス』2巻のネタバレ・あらすじ・感想について述べていくぞ。

1巻の時でも述べたが『バカレイドッグス』は大分ぶっ飛んでる作品だ。

だが、怖い物で2巻になると慣れてきてもうあまり驚かない。

そういう意味ではストーリーを良く楽しむ事が出来たかな。

【バカレイドッグス】2巻のネタバレ・あらすじだ!

犬童兄弟の兄貴とホームレスの話

『バカレイドッグス』2巻は手術シーンから始まる。

どうやら偉い政治家が非合法な移植手術を受けているようだ。

バカレイドッグス2巻のネタバレ・あらすじ
安らかな寝顔の知事先生。

出典元:『バカレイドッグス』2巻

何が非合法なんだかは良く分からないが、おそらく臓器の提供者が見つからなかったから、非合法にその臓器を調達してるってところなんだろうな。

 

で、1ヶ月後に犬童の病院の前にホームレスが脇腹を刺された状態で捨てられてるんだ。

金を持ってないし、治療が出来ないという事で犬童亥三は捨ててこようとするが・・・

バカレイドッグス2巻のネタバレとあらすじ
非情な犬童亥三。

出典元:『バカレイドッグス』2巻

なんかピンと来たらしい犬童辰次はそれを制止してそのホームレスを手術をする事にする。

ホームレスの体には500万円以上のダイヤが入っていた。

「寅太の依頼か・・・」と亥三は言う。

どうやら2人の兄貴らしい。

バカレイドッグス2巻のネタバレ・あらすじ。
犬童兄弟は3人兄弟だったのか?

出典元:『バカレイドッグス』2巻

 

で、ここから色々話が展開していくんだが、このホームレスは冒頭の偉い政治家に腎臓を提供した人物のようだ。

もちろん、非合法なんだろう。

手術の後に目を覚ますのが早かったらしく見てはいけないもの(依頼人の顔)を見たかもしれない。

だから、土佐組に襲われて怪我をしたらしい。

 

と、同時に犬童兄弟のお兄さん(寅太)からは生かす価値のある人間だから救って欲しいと言われているようだ。

(正確にはそうは言われていないけど、そういうメッセージとしてダイヤが体に埋め込まれていた。)

バカレイドッグス2巻のワンシーン。

出典元:『バカレイドッグス』2巻

土佐組はこのホームレスを殺そうと追いかけてくる。

しかし、寅太はそれを救いたいから、犬童兄弟にそれを依頼した。

 

犬童辰次はこのホームレスを救うために目を見えなくするんだ。

バカレイドッグス2巻ネタバレ・あらすじ
目の見えなくなったホームレス、篠原。かなりお気の毒だ・・・

出典元:『バカレイドッグス』2巻

もう目が見えない事。

そしてそのホームレスが「依頼人が誰かを元に土佐組と交渉しようとしなかったという事は依頼人が誰かを見てはいないって事だ」という理屈。

更に義理として500万円を払うっていう三本の矢で見事、土佐組の手を引かせる事に成功するんだな。

(ちなみに目は一時的な失明で、後で視力は戻るらしい。)

濃い味ハンター濃い味ハンター

偉い政治家が助かりたいからってヤクザに依頼して非合法に内臓を手に入れる。

実際ありそうで、無い話だな。

薄味ハンター薄味ハンター

まあ、あくまで漫画の話よね。

さんまハンターさんまハンター

昔はこういうのもあったんじゃろうがのう。

甲斐が撃たれる話

『バカレイドッグス』2巻の中盤では甲斐がヤクザの抗争で撃たれて患者になる場面がある。

結構いい気味だ。

 

甲斐は最低な人間として描かれているが、その甲斐に人間の温かさを教えてくれたのは土佐組の若頭だ。

バカレイドッグス2巻ネタバレ・あらすじ
少年時代の甲斐に歯磨きのやり方を教える土佐組若頭。若頭は結構人情あるヤクザなのかも知れない。甲斐の父親代わりだったんだろうか?

出典元:『バカレイドッグス』2巻

土佐組の若頭が殺されたから、誰が犯人かを血眼になって甲斐は探していた訳だ。

そのゴタゴタで甲斐が撃たれてしまうんだな。

 

良く分からんが、どうやら土佐組の上層部が若頭を内部の者に撃たせたらしい。

その罪を対抗勢力になすりつけて、潰す口実にする、と。

 

ただ、甲斐としてはそれは許せないから、上層部の者に言われて若頭を撃ったとされる若い奴を追求するんだ。

その時、甲斐は撃たれてしまうんだな。

バカレイドッグス2巻ネタバレ・あらすじ
やばいヤクザに銃を突きつけられても、絶対に前金じゃないと治療をしないのが犬童のルールだ。

出典元:『バカレイドッグス』2巻

手術自体はさらっと終わる。

この話は手術云々より、甲斐の周りの勢力争いとか、甲斐の生い立ちが垣間見えるという点で重要なんだろうな。

??????

とりあえずDQNヤクザが撃たれてスカッとしたな。

濃い味ハンター濃い味ハンター

といっても、甲斐は助かったけどな。

小物が犬童兄弟の信用を落とそうとする話

これについてはさらっと行く。

犬童兄弟はかなり儲かってる。

ポイントは信用だな。

金さえ払えば絶対に助かるっていう信用が犬童兄弟の強みだ。

 

この話ではあほな雑魚キャラが出てきて、犬童兄弟の信用を落としてやろうと画策するわけだ。

信用を落とすというか、手術を失敗させて、それをネタに金をゆすろうって言う方が正確かな。

王道ストーリーの法則に従って考えると間違いなく失敗に終わる企みだな。

バカレイドッグス2巻の小物
始まる前から負けてる顔だ。。。

出典元:『バカレイドッグス』2巻

こいつらの作戦は簡単だ。

バイアスピリンという血を止まりにくくする薬(しかも検出されにくいやつ)を自分のところの社員に飲ませて、犬童に治療して貰うというもの。

輸血が必要になるんだが、その社員はRHマイナスのAB型で輸血がめちゃくちゃ手に入りにくいと来てやがる。

 

ただ、犬童辰次はその作戦に途中から気づいていて、的確に止血処理をする。

また、RHマイナスのAB型の血液も、地下アイドルみたいな女の子に呼びかけて貰ってささっと集めるという作戦で調達してしまう。

バカレイドッグスの中でも有数のバカ。
自業自得だな。

出典元:『バカレイドッグス』2巻

悪事を暴かれた悪人は和解金やRHマイナスのAB型の血液を集める為に使った費用1200万円を払う事になって、めでたしめでたし、だ。

シリアルキラーの話

『バカレイドッグス』2巻の最後はシリアルキラーの話だ。

シリアルキラーってのは、要は殺人鬼。

 

まず、この善良そうな男が犬童医院に来る。

妹を今話題のシリアルキラーに殺されてしまったが、その敵討ちをしようとして怪我を負わされたようだ。

バカレイドッグス2巻ネタバレ・あらすじ
バカレイドッグスでは珍しい常識人っぽい月岡さん。でもやっぱりちょっと特殊。

出典元:『バカレイドッグス』2巻

犬童先生、完璧に処置して、そのまま入院。

 

次に来るのがこの怪しい男。

バカレイドッグス2巻のネタバレ!
こいつ、シリアルキラーでしょ。

出典元:『バカレイドッグス』2巻

こいつ、多分月岡さんの妹を殺した犯人なんだよな。

犬童先生はお金を受け取ったからしっかりと治してあげます。

そして、入院。

 

なお、犬童医院には病室はひとつしかない模様。

 

殺人犯と殺人犯を殺そうとしている男が一緒の部屋になるという事に・・・

うーん。

やっぱり、犬童辰次って普通じゃねえな。

【バカレイドッグス】2巻の感想だ!

『バカレイドッグス』2巻を読んで見て思うのが、犬童辰次・亥三兄弟はめちゃめちゃ肝が据わっていて、結構頭が良いという事だ。

そして、前金か確実にお金を回収できると保証出来る人物でなければ絶対に手は貸さない反面、一度お金を受け取ったら絶対に助ける。

 

1巻は多少カルチャーショックがあって「どういう奴らなんだ?」とマイナスイメージを持ったが、2巻にもなると大分慣れてきてむしろ微笑ましくもあったな。

相手が土佐組のヤクザだって、絶対に前金制は崩さない。

 

強い相手に弱く、弱い相手に強いというような概念は犬童兄弟にはないんだ。

その意味で「非情に」「純粋」だ。

 

出てくる患者は必ずしも幸せになるとも言えないが、少なくともそれは犬童兄弟のせいじゃないし、犬童兄弟がいなければもっと不幸になっているだろうから、その意味で犬童兄弟はナイス!なんだろうな。

濃い味まとめ。

『バカレイドッグス』2巻のネタバレ・あらすじと感想を好き勝手に述べてきた。

とりあえず、この作品は色々ぶっ飛んでて面白い。

続きが楽しみだな!

??????

お前、相変わらずネタバレとかあらすじについて書くのが苦手だよな。

濃い味ハンター濃い味ハンター

うるせー!

話が長いからまとめるのが大変なんだよ!